FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校が倒壊

もはや救出作業を見守るしかないのか。たばこを手に呆然(ぼうぜん)と立ちつくし、ひたすら息子の無事を祈る父親。ロイター通信が14日に撮影したこの写真は、中国四川(しせん)省綿竹(めんちく)市での一枚だ。四川・チベット大地震で学校が倒壊し、瓦礫(がれき)の中で生き埋めになったのだという。だが、その後見つかった息子は、すでに息をひきとっていた。

 12日午後2時28分に発生した大地震は4日目の15日、生き埋めとなった人の生存率が急激に低くなるとされる72時間を経過した。中国国営新華社通信によると、中国国務院(政府)は15日、震災の死者が5万人以上と推計されることを明らかにした。また、四川省の確認された死者は1万9500人を超えた
フレッツ
flets
携帯電話
ワコール
経営コンサルタント
レンタルサーバー
スポンサーサイト

緊急治療

22日の新華社通信は、四川大地震のあった中国四川省綿竹市の炭鉱で20日夕、44歳の作業員が閉じ込められているのが見つかり、緊急治療の結果、22日までに生命の危険を脱したと伝えた。



フレッツ
flets
携帯電話
ワコール
経営コンサルタント
レンタルサーバー

人々を感動

四川大地震が発生して十数時間後、血まみれの一人の男の子が北川の廃墟から救出されました。担架に横たわり、武装警察の救助隊に安全な場所に運ばれた時、男の子はまだ動かすことができた右手で、痛めに耐えながら、中国共産党の少年先鋒隊式の敬礼をしました。男の子が重傷を負いながらも、救助してくれた人たちに敬礼したことは、人々を感動させました。


フレッツ
flets
携帯電話
ワコール
経営コンサルタント
レンタルサーバー

被災地にある小学校が授業

四川大地震の発生から9日目となる21日、被災地にある小学校が授業を始めました。

 この小学校は、中国青少年発展基金の支援のもとに綿竹市の遵道鎮に設けられたもので、地震に耐えるという意味の「耐震」に希望をつけて「耐震希望小学校」と名づけられ、ここでは地元や周辺地区からの教師や児童およそ500人を受入れています。

 中国初の災害心理学博士の董恵娟氏が率いるボランティアチームは、この小学校の最初の授業として教師や生徒に心理カウンセリングを行い、今後は心のケアで長期的な支援を行っていくことにしています。


フレッツ
flets
携帯電話
ワコール
経営コンサルタント
レンタルサーバー

陳堅という人の遺言

13億の中国人を感動させた男
 「たくさんの夢なんかない。家内と穏やかで平凡な一生を送りたいだけだ」。これは、四川大地震で亡くなった、陳堅という人の遺言です大地震の廃墟で生き埋めになって3日後、陳堅さんは救助隊に発見されました。救出作業が進む中、彼は自分を励ましながら……

フレッツ
flets
携帯電話
ワコール
経営コンサルタント
レンタルサーバー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。