FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡島

【ボストン=塚沢健太郎】レッドソックス・岡島秀樹投手が19日、日本ハム時代の恩師であるロイヤルズ・ヒルマン監督と再会を果たした。

 レッドソックスは19日からロイヤルズと4連戦。日本で同じチームだった監督と選手が対戦するのは史上初となるが、その舞台を岡島は心待ちにしていた。

 「緊張するなぁ」と練習中にヒルマン監督のもとへ駆けつけ、1年半ぶりに再会。ヒルマン監督から「ゲンキデスカ。世界一おめでとう。どこに住んでるんですか? 英語はどうですか?」と声をかけられ、最後に「この4試合は活躍しないでね」と“激励”された。

 岡島は「ヒルマン監督はちゃんと僕のことを見てくれた。使ってくれなければFA権も取れなかったわけですから。感謝してますよ。本当は日本ハムに残りたかったけど、いい条件を出してもらえなかったので、メジャーに来たんです」と振り返る。

 00年には日本シリーズで胴上げ投手にもなっている岡島は、06年の開幕直前に日本ハムにトレード。巨人ではキャンプでも2軍で、1軍昇格のチャンスも与えられなかったが、ヒルマン監督は岡島の能力を見極め、甦らせた。

 ヒルマン監督は「本当は岡島よりももっといい投手を獲れるはずだったが、それがダメになった」と暴露。「スカウティングリポートでは“いい変化球を持っているが、ストライクが入らない”ということだったのに、日本に5年いて一番、ストライクの先行できる左投手だった」と明かすが、岡島を再生させたのはヒルマン監督の手腕も大きかった。

 ヒルマン監督は岡島のメジャーでの活躍は想像を超えていた様子で、「本当にいい仕事をして、安定した働きをしている。変わり身が早かったのは衝撃的。日本ではカーブが多かったが、フォークに切り替えた。驚きはないけれど、こんなにすぐに適応できたのはショックだった」と話した。2年6億円でロイヤルズが獲得した薮田がメジャーに対応できず、ピリッとしない投球を続けているだけに、岡島の凄さを痛感しているようだ。

Bフレッツ
flets
携帯電話
ワコール
経営コンサルタント
レンタルサーバー


スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。