FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校が倒壊

もはや救出作業を見守るしかないのか。たばこを手に呆然(ぼうぜん)と立ちつくし、ひたすら息子の無事を祈る父親。ロイター通信が14日に撮影したこの写真は、中国四川(しせん)省綿竹(めんちく)市での一枚だ。四川・チベット大地震で学校が倒壊し、瓦礫(がれき)の中で生き埋めになったのだという。だが、その後見つかった息子は、すでに息をひきとっていた。

 12日午後2時28分に発生した大地震は4日目の15日、生き埋めとなった人の生存率が急激に低くなるとされる72時間を経過した。中国国営新華社通信によると、中国国務院(政府)は15日、震災の死者が5万人以上と推計されることを明らかにした。また、四川省の確認された死者は1万9500人を超えた
フレッツ
flets
携帯電話
ワコール
経営コンサルタント
レンタルサーバー
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。